大胸筋を鍛えてバストアップ

大胸筋を鍛えてバストアップする

大胸筋,バストアップ

 

バストアップするには、大胸筋を鍛えると良いです。大胸筋を鍛えると、バストが垂れ下がるのを防いでくれたりハリをもたらしてくれます。大胸筋は胸を支えている大事な筋肉になるため、鍛えると乳腺が刺激され脂肪も増えていきバストアップに繋がります。

 

加齢が原因で大胸筋が衰える事もあるため、バストを支える組織を弱らせてしまいます。これにより、バストの位置を下げてしまう事にもなります。効果的な大胸筋を鍛えるエクササイズは、腕立て伏せを行う事です。

 

最初は筋肉が少ない女性にはきついため、膝を付いて行うようにします。慣れてきて簡単に出来るようになったら、膝を付かずに行うようにしていくと効果が得られやすくなります。大胸筋はもちろん鍛えられるが、三角筋や上腕二頭筋も一緒に鍛えられます。

 

最初は10回から始めて、少しきついくらいで行うようにします。合掌のポーズも効果があり、腕立て伏せよりも負荷が引くため行いやすいです。合掌のポーズが簡単に出来る人は、肘の位置を口元まで上げて負荷を重くします。

 

バストを更に上の位置に引っ張り上げる効果があるため、綺麗なバストになれます。エクサイズは毎日行う事で効果が出るため、毎日の習慣にして取り入れるようにしましょう。

バストアップのための胸筋の鍛え方

大胸筋,バストアップ

 

バストアップのためには、大胸筋を鍛えると効果が出ます。胸の土台を作る事が出来るとバストを支えてくれるため、バストの垂れ下がりを防いだりハリをもたらしてくれたりします。方法としては腕立て伏せが効果的で、10回を連続で行える方法でやるとバストアップになります。

 

1日4セットを3日に1回行うペースで、休息を入れる事で腕立て伏せで傷ついた筋肉を修復してくれます。両手を開く幅を広げる程大胸筋に与える負荷が大きくなるため、鍛えられる大胸筋の幅が変わります。チェストサンドは拝み体操と言われるもので、運動の目安は3から5往復を週に2.3回のペースで行うのが良いです。

 

簡単には胸の前で両手を合わせて、へその辺りまで下げていく方法です。ベンチプレスは、仰向け状態でバーベルを胸の前で持ち上げたり下げたりする方法です。スポーツジムにしか器具がないので、自宅で行う場合は500tのペットボトルに水を入れてそれを持って上げ下げするだけでも効果はあります。

 

筋トレを行うのは筋肉を付けるには良い事であるが、やり過ぎには気を付けるようにします。それはり過ぎると、乳房に付いた脂肪細胞が破壊されるからです。筋肉が付いてしまうと、脂肪を付けるのが難しくなります。

 

柔らかな胸を作るためにも、やり過ぎには注意です。

デコルテをふっくらさせてバストアップする

大胸筋,バストアップ

 

デコルテをふっくらさせてバストアップさせる方法には、筋肉を付ける方法があります。筋肉の中でも大胸筋を鍛える事で、胸を支えるために重要な筋肉になるからです。鍛える事で、胸が垂れ下がる事を防げます。鍛えすぎると脂肪まで筋肉に変わってしまうため、気を付けるようにします。

 

リンパの流れを良くする事で、リンパの働きには体内の水分を循環させて血流の流れを良くする効果があります。リンパの流れが悪いと、女性ホルモンの分泌がされなくなったりします。このためにも、バストアップに欠かす事の出来ないものです。

 

リンパの流れを良くする方法には、ツボ押しとリンパマッサージがあります。ツボ押しには、血行が良くなるツボと女性ホルモンの促進を促すツボがあります。そこを刺激する事により、バストアップに繋がります。脂肪を付ける事で、胸のほどんどが脂肪から出来ているためです。

 

脂肪を付けると、余分な場所にも付いてしまい太ってしまいます。デコルテだけに付けるのは難しいが、方法があります。それは合掌のポーズや腕立て伏せを行う事で、つまり大胸筋を鍛えるようにする事になります。食べ物でもデコルテをふっくらさせる事は可能で、ボロンを含む食材を摂取します。

 

ボロンには女性ホルモンを活性化してくれる成分がふくまれているため、キャベツやナッツ類や海藻類等の多く含まれる食材を食べるようにしましょう。

エクスグラマー育乳ナイトブラの格安購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方はトップページでエクスグラマー育乳ナイトブラの詳細を確認してみてください。