バストアップ出来るヨガポーズ紹介

バストアップ出来るヨガのポーズ

バストアップ,ヨガ,ポーズ

 

バストアップはヨガでも出来ます。ヨガを行うと滞っていた体内の老廃物が流れていき、バストに栄養が届きやすくなります。毎日1回で良いので、行うだけでもバストアップ効果が発揮されます。合掌のポーズでは大胸筋が鍛えられ、姿勢も良くする事が出来ます。

 

ポーズの後は、両手を上げてしっかりと呼吸を吸い込みます。板のポーズは、両手を床に付いて腕立て伏せの恰好をします。腹筋と大胸筋が鍛えられ、胸の筋肉の土台を作れます。うつ伏せのポーズは床に身体を付けた状態になり、手は横に置きます。

 

コブラのポーズは上半身を上げて、コブラの状態になりきります。このポーズだと背中が閉まって、胸が開くようになるためバストの周辺の血行が良くなります。血行が良くなると、バストに栄養が流れていくようになります。背中を反るイメージで行い、両手は床に付きます。

 

様々なポーズがあるため、自分の好きな方法を取り入れるようにすると良いです。ヨガは自宅でもやり方を覚えると出来るため、いつでも手軽に行えます。バストアップだけではなく、身体の調子も良くなる効果もあります。空いた時間に手軽に出来るポーズもあるため、単発で気軽に取り入れる事が出来ます。

バストアップのために胸の前で手を合わせる

バストアップ,ヨガ,ポーズ

 

バストアップのために胸の前で手を合わせる方法があります。その名前は合掌のポーズで、有名な方法の1つです。このポーズを行うと、大胸筋が鍛えられます。大胸筋が鍛えられたからと言っても、直接バストがアップする事はないです。

 

しかし大胸筋を鍛える事で、リフトアップ効果があります。折角バストアップ出来ても、垂れ下がっては意味がないです。美しい胸を作るための基礎を作るためにも、合掌のポーズを行うのは効果的です。このため合掌のポーズを行う時には、一緒に行うと更に効果が上がる方法があります。

 

その方法は、胸の血流を良くする事です。良くなる事で女性ホルモンのバランスを整えてくれるため、乳腺を発達してくれます。合掌ポーズと一緒に行うと良いバストアップ法を行います。また十分な睡眠を摂ってストレスを解消すると効果的で、ストレスが溜まっていたり睡眠不足だと自律神経が乱れてしまいます。

 

健康維持のためには、自律神経を整える事が大切です。そのためには、規則正しい生活を送ってストレスを減らすようにする事です。ゆっくりと入浴する事も大切で、血行を良くするために必要です。適温は39から41度が血行を良くするためには丁度良く、熱すぎても長く入れなくなるため少し低めにしましょう。

バストを揺らしてアップさせる

バストアップ,ヨガ,ポーズ

 

バストを揺らしてバストアップさせる方法がありますが、揺らすと逆効果になると思う人もいます。普段の生活や運動でバストを揺らしてしまうと、バストを支えている筋肉やクーパー靭帯が傷付けられてしまうため、ブラジャーで固定しないといけないです。

 

しかしブラジャーを装着していると、キツイと感じる場合もあります。締付けによってリンパが凝り固まって、栄養素がバストに行き届かなくなってしまいます。これにより、サイズが小さくなったり垂れ下がったり質感が悪くなる事もあります。そこでバストを揺らすと、リンパがほぐれて筋肉と一緒に固まっていた乳腺や脂肪の組織が剥がれるようになります。

 

バストを揺らす時に注意する点があり、下や外に揺らさない事で痛みが出る程はやらない事です。重要なポイントは、揺らすイメージではなくマッサージを行うイメージで揺らす事です。方法を間違うとクーパー靭帯が切れたり伸びてしまう事があるため、きちんとした方法で行います。

 

方法は指で両方のバストを斜め下から中心に向けて掻き出すようにすくい、手をバストの斜め下にもう一度戻してバストを手で包んで中心に向かって揺らしていきます。1秒に数回くらいのペースで行い、片方づつ行っていきます。揺らし過ぎは、バストを痛める原因になるので注意が必要です。

エクスグラマー育乳ナイトブラの格安購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方はトップページでエクスグラマー育乳ナイトブラの詳細を確認してみてください。