バストアップに効果的な成分

ビタミンEを摂取してバストアップさせる

バストアップ,効果的,成分

 

女性ホルモンのバランスを整えるためには、ビタミンEが必要になります。ビタミンEは、女性ホルモンに含まれているエストロゲンの量を増やす働きがあります。エストロゲンが増えるという事は、乳腺に作用するためにバストアップに繋がります。

 

ビタミンEは女性ホルモンだけではなく、抗酸化作用や抗ストレス作用にも働きます。ストレスを緩和させる事により、自律神経を整えていきます。自律神経が整うと、女性ホルモンのバランスも整ってくるためにバストがアップします。

 

血液中の悪玉コレステロール値を下げる作用もあるため、毛細血管の血流を良くして血行が促進されます。これにより、バストがアップするようになります。ビタミンEを多く含む食品には、植物油やピーナッツやアーモンド等があります。

 

身近に摂取出来る食材には、アボカドやあんこうの肝やいくら等です。ビタミンCと一緒に摂取すると活性化を取り戻してくれるため、ビタミンCが含まれた食品も一緒に摂取しるのが理想的です。1日の摂取量は、8ミリグラム以上で最大800ミリグラムとされています。

 

1番好ましい量は、300から400ミリグラムです。アーモンドで例えると10粒で4ミリグラムになるため、適量摂取するのは難しいためサプリで摂取すると簡単です。

プラセンタでバストアップする

バストアップ,効果的,成分

 

プラセンタを摂取すると、健康のためや肌質の改善等の目的のために摂っていても、バストのサイズがアップすることがあります。バストにハリも出来て、予想外の効果を実感出来る人もいます。バストは乳腺と脂肪で出来ていて、遺伝で大きさは決まるのが多いが乳腺が発達する事でも大きくなります。

 

乳腺の発達に関わるのは女性ホルモンで、乳腺を刺激して発達していきます。プラセンタは内分泌調整作用によって、ホルモンバランスを整えてくれます。元々女性ホルモンの分泌が少ない人がプラセンタを摂取すると、分泌量が増える事でバストアップの効果が期待出来ます。

 

バストアップサプリはプエラリアのようにホルモン作用のある成分が含まれていて、プラセンタより効果があります。しかし副作用もあるため、バストアップサプリ等の使用はお勧め出来ないです。ホルモンバランスの乱れはストレスや生活習慣の乱れ等が原因で起こる事が多く、正常化するように日々心掛けるだけでもホルモンバランスが正常になれます。

 

簡単に説明すると、プラセンタと同じようなバストアップ効果が期待出来ます。プラセンタは再生医療という考えを元に研究されていて、細胞を生まれ変わらせる事で美容や健康維持にも良いです。そのため、バストアップに悩んでいる人も体内環境を整える事が出来ます。

ペプチドでバストアップする

バストアップ,効果的,成分

 

ペプチドとは、たんぱく質が分解されてアミノ酸になる途中で出来る物質です。2種類以上のアミノ酸が結合して出来た、アミノ酸とタンパク質の中間の物質です。ペプチド基礎代謝を上げる働きがあるため、脂肪を効率よく燃焼させてくれます。

 

美容効果もあるため摂取すると、バストのサイズを上げながら美しいバストを保つ事が出来ます。ペプチドにも種類があり、コラーゲンペプチドがあります。コラーゲンペプチドを摂取するとバストが垂れる事を防いでくれるため、バストの周りの筋肉の衰えや皮膚のたるみをホルモンを正して整えてくれます。

 

クーパー靱帯を強くしてくれるため、バストを吊り上げて垂れないようにしてくれます。ハリやツヤもバストに与える事が出来るため、摂取すると効果的です。大豆ペプチドは、大豆イソフラボンが含まれています。大豆ペプチドを摂取すると、大豆製品を摂取するのと同じ効果が発揮出来ます。

 

このため、バストアップの効果が期待出来ます。ペプチドにもイソフラボンは含まれていて、代謝を上げたりホルモンを補う働きがあります。普段大豆製品の豆腐等があまり好きでない人でも、サプリメントなら手軽に摂取する事が出来ます。

バストアップでのヒアルロン酸の副作用

バストアップ,効果的,成分

 

バストアップのために、ヒアルロン酸注射を行うと副作用があります。その副作用には、1から3年経つと胸がしぼんでしまう事です。ヒアルロン酸注射は即効性はあるものの、持続性はないため長期間で考えるなら行わない方が良いです。

 

また費用も高いため、1,2カップアップするだけを考えている場合は人工乳腺をする方がお得です。痛みに関しては、クリーム麻酔と局所麻酔を行うため感じる事はないです。クリニックによっては、マスク麻酔を行い選択が出来る場合もあります。麻酔を行うため、寝ている間に行われます。

 

しかし人によっては痛みを少し感じる人もいて、麻酔の種類によって痛み方が異なります。麻酔が切れてくると、筋肉痛よりも強い痛みを感じます。数日から1週間程度痛みが続き、バストにヒアルロン酸が注入されて筋肉が刺激を受けたのが原因になります。

 

本来注射する事のない部位に注射をした事で、痛みが出る事もあります。通常は鎮痛剤が処方されるため、ほとんど痛みが感じないで済みます。バストに注射をすると、しこりのようなものを感じられます。垂れ下がる事を防ぐために、体内に吸収されにくいように粒子で作られているため、しこりのようなものを感じるのです。

エクスグラマー育乳ナイトブラの格安購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方はトップページでエクスグラマー育乳ナイトブラの詳細を確認してみてください。